千葉県の医学部予備校一覧


県内の医学部大学に関して、国立では千葉大学、私立には数年前に国際医療福祉大学が成田に新たな医学部を設立しました。関東圏に足を伸ばせば選択肢が膨大に広がる千葉は、非常に好立地の環境といえるでしょう。アクセスも良いため、気軽にオープンキャンパスに訪れることができるのも魅力のひとつです。

そんな千葉には、大手はもちろん多くの予備校があります。今回は千葉の医学部予備校の特徴を解説した上で、実際におすすめの予備校も紹介します。予備校選びに迷っている方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

千葉の医学部予備校の3つの特徴

千葉の医学部予備校には、以下の3つの特徴があります。

1.地元で十分に学べる環境が整っている

時に、「都内の方が予備校のレベルが高いかもしれない」と考える生徒を見かけますが、千葉であればそのような心配はいりません。というのも、千葉には大手予備校はもちろん、細やかな指導をしてくれる個別指導塾など幅広い予備校が集まっているのです。

基礎が十分定着している場合は大手クラス授業の予備校、十分に基礎から学びたい生徒には個別指導など、自分の適正に合う好みの予備校を見つけましょう。

2.都内へのアクセスも良い

上記の項目に書いたように地元で十分に学ぶ環境が整っているとはいえ、都内へのアクセスも良いのが千葉の特徴です。好みの予備校があれば電車で十分に通うことができます。

また、学生寮を完備している予備校もおおくあるため、他の関東圏での勉強を希望する方はそのような予備校を選択肢のひとつとするのもおすすめです。

3.地元の大学への進学に強い

これは千葉のみに言えることではありませんが、地元の予備校は地元大学の入試対策に強い傾向にあります。千葉でいうと、冒頭にも書いたように千葉大学の医学部と国際医療福祉大学の2校です。

早い段階で基礎を固め、応用では今までの合格実績から、入試対策はもちろん面接や小論文も十分に対策してくれるでしょう。

おすすめの医学部予備校紹介

この項目では、実際におすすめの医学部予備校を紹介します。

1.河合塾

現役生はもちろん浪人生にも最適な環境であると定評のある河合塾。医学部コースの中でも学力や志望校に応じて12ものコースの中から最適なコースを選ぶことができます。

質の高い講師を取り揃え、独自のテキストを使用して行われる授業は非常にレベルが高く、難関校を狙う生徒にはとてもおすすめの予備校です。

2.駿台予備校

千葉県内に3校もの校舎を構える駿台予備校。通いやすさやアクセスの良さがおすすめしたいポイントです。通学時間を節約し、勉強にあてることができます。

また、古くから理系の駿台と言われているように、その実績は確かなもの。100年近くにわたって収集された膨大な情報をもとに、的確で効率の良い指導を受けることができます。

3.MEDUCATE

MEDUCATEでは、家庭教師の派遣を主に行っています。医学部進学率はなんと76%と、その合格率の高さで現在注目を集めている話題の個別指導塾です。広告宣伝費などを抑えた分、非常にお財布に優しい学費というのも嬉しいポイント。

「大手ではなかなか伸びを感じられなかった」という方にはぜひ1度試していただきたい予備校です。

まとめ

千葉は県内だけで見ても、アクセスの良さを加味しても、非常に環境に恵まれた場所ということがわかっていただけたのではないでしょうか。
関東の予備校を視野に入れることも十分にできますが、多くの勉強時間を確保すべき医学部受験生にとって、予備校選びにはぜひ地元を選びたいものです。

ただ、予備校にはそれぞれに特徴があるため、自分の勉強のスタイルによって最適な学校を選びことが重要です。予備校選びに悩む方はぜひ本記事をきっかけに、自分の適性と向き合ってみてください。