学生寮が特徴の医学部予備校一覧


予備校や塾によっては、学生寮が完備されているところも多くあります。「入った方がいいのかな」と悩んでいるみなさん、寮では勉強が中心の生活が保証されています。誘惑を打ち切って、本気で受験に取り組みたい方はぜひ1度検討してみるのも良いでしょう。

実際に、学生寮には以下のようなメリットがあります。

  1. 規則正しい生活を送ることができる
  2. 勉強しやすい環境が整っている
  3. 食事が提供されるので、保護者の方も安心
  4. 同じ目標を持った生徒同士で交流できる
  5. 通学しやすい

1.規則正しい生活を送ることができる

受験を成功へと導く鍵はズバリ、スケジュール管理です。膨大な勉強量を日々正しい生活習慣の中でこなしていかなければなりません。
そのため、冒頭にも書いたように、寮での生活はとても規則正しく、勉強を中心に1日のスケジュールが組まれています。それに加え、寮では食事の時間や門限が決められている場合がほとんどです。

夜間は出歩くことを禁止されているので、次第に朝方の生活に変化する生徒も少なくありません。実際にここ数は、年朝方の生活や学習法が注目されていますよね。既にその習慣が身についている方にとっては、寮はとても居心地のよい環境だと言えるでしょう。

2.勉強しやすい環境が整っている

まず、自宅よりも圧倒的に誘惑が少ないのが寮の特徴です。勉強に集中できる環境が整っています。もちろんゲームや漫画の持ち込みもできるのですが、そこはなんとか自分を律して我慢したいものです。持ち込みは携帯などの最低限のアイテムに絞ることで、寮での生活はさらに勉強に適した環境になります。

また、自習室が完備されている寮が多く、いつでも好きな時間に利用することができます。「塾や予備校から帰宅した後も自習室に通いたい!」というやる気のある生徒にはぴったりの環境です。

3.食事が提供されるので、保護者の方も安心

保護者の方が1番心配されるのは、食事などの健康面ではないでしょうか。寮では基本的に1日3食、食事が提供されます。また、場合によってはプロの栄養士がバランスの良い献立を提案していることも。日々の受験勉強は健康であることが大前提なので、これは非常に嬉しいメリットですよね。

また、自分で食事を用意する手間もなくなるので、その分の時間を勉強に充てることができます。

4.同じ目標を持った生徒同士で交流できる

寮を利用する生徒は、本気で勉強に取り組みたい生徒が多くいます。そのため、それぞれが常に勉強に対して高いモチベーションを持っています。停滞期などもそんな仲間の姿を見ることで、きっと乗り越えることができるでしょう。

また、一緒に食事や生活をともにすることで、かけがえのない思い出になることも。遠方から親元を離れて過ごす生徒も、孤独を感じることなく過ごせるばずです。

5.通学しやすい

医学部を受験するには、小さなスキマも無駄にすることなく、勉強時間を積み上げていくことが大切です。
寮はだいたい予備校の徒歩圏内に建てられています。そのため、普段電車などで通っている生徒にとっては通学時間を大幅に短縮できるでしょう。

また、定期代やバス代なども必然的にかからなくなります。保護者の方にとっては、とても嬉しいメリットではないでしょうか。

学生寮の利用は、どのような人に向いている?

これらの5つのメリットから、学生寮の利用は以下のような人に向いていると言えます。

  • 家が遠く、予備校や塾に通うのがとても大変な生徒
  • 一人暮らしで勉強に集中したいけど、生活面のサポートが必要な生徒
  • 自分の家では誘惑が多ので、いったん環境をリセットして本気で頑張りたい生徒