北大医学部に入るには?現役合格者の走るパンダさんに聞いてみた!

2021/09/25
2021年度北大医学部現役合格者の走るパンダさんに合格するための方法を聞きました。科目別にどのような手順で勉強していったのかかなり詳しく教えてくれているので受験生の方は必見です!

合格した大学

ニックネームを教えてください。

走るパンダ

性別を教えてください。

男性

現在通っている大学を教えてください。

北海道大

浪人の有無を教えてください。

現役

理科の選択を教えて下さい

化学;物理

社会の選択を教えて下さい

倫理・政治経済

得意科目(複数選択可)

英語;数学

苦手科目(複数選択可)

物理;国語

両親の職業(任意)

医師

出身地を教えてください。

北海道

出身の中高、中学受験・高校受験の有無を教えてください。

中高経験有、附属札幌中→札幌南

受験勉強を始めた時期を教えてください。

三年の八月頃

受験期の一日の勉強時間を教えてください。

平日5時間(塾4時間) 休日8時間(塾7時間)

共通テストの点数(浪人生は現役時も)を教えてください。

759

高1から合格までで受けた模試、その偏差値、合格判定を教えてください。

ベネッセ高2七月:80.7B ベネッセ高2十一月:75.1c ベネ駿マーク高3九月:68.7c ベネ駿記述高3十月:76.6b 北大オープン、北大プレ:D 北大実戦:c

現役、浪人時の併願大学(合格の有無も)を教えてください。

なし

あなたの大学の入学理由を教えてください。

実家に近く、教養の学年があり、広かったから

あなたの大学の入試傾向、対策を教えてください。

数学は基本的には他の旧帝に比べて問題が簡単なので、8割を絶対に切らないように過去問をやり込む事 英語は英作文まで手が回らないと点数が大きく減るので、時間配分に気をつけながら早く解く事 理科は物理と化学のペースを事前に考えておいて、解けない問題を飛ばす事。基本的な事柄しか聞いてこない問題も多い 全体的には問題が簡単なので75%を切らないように勉強して早く正確に解ける事が大事だと思う、共テの比重が2:3で重いので共テでとっておくとかなり楽になることもある

あなたの大学の面接で聞かれたこと、対策

高校の頃の内申書みたいなものを見ながら話すケースが多かったみたいなので、高校時代の自分を振り返っておいて、ニコニコフレンドリーに答えてる人が点数が高かったっぽいので落ち着いて話す練習をしておけばよいのでは

数学

4STEP:基礎を固めるのにとても良いと思う。微分積分や数列、ベクトルなど慣れが必要な分野のドリル的なノリでも使えてよかった。どの単元もとりあえずこれからやり始めていた。 青チャート:とりあえず例題だけを一周した。問題集というよりかは、単元の全体像を見られるポスターみたいに思って眺めていた。 赤本15ヶ年:2周して解いている時の時間感覚や諦めがつきやすくなって、経験を得ることができてよかったと思う。これはどの大学でもそうだと思います。

英語

単語帳DUO:95%の勉強は単語帳でしていました。ユニークな例文がついていて、それをまるまる訳ごと覚えることで一気に覚えられて良かった。その単語がどういう文脈でどういう風に使われるというかという事も分かるので、英文を読むときもまとまりで読みやすくなった。英語の長文を読むスピードも上がると思う。 チャート:文法が分からない時に読んだり、こういう言い回しがあるのだと学ぶ時にだけ使っていた。文法のニュアンスとかを覚えられたのがよかった。

物理

良問の風:物理が死ぬほど苦手だったので、これを何周もしてとりあえず物理の問題の解き方や、解く上での決まり文句などを覚えていった。特にそこまで問題数があるわけでもないのでとっかかりやすくて良い。 名門の森:自分はあまりやらなかったが周りは大体やっていた。力学と電磁気という風に単元を絞って集中的に勉強したいときや、実践的な問題を解きたい時に使うことにしていた。

化学

化学の教科書や資料集:化学の図や資料、物質の色や性質が綺麗な写真と共にコンパクトにまとめられていて見やすかった。応用的な話はその都度書き込んで、とりあえず書いてある式や図を覚えることに徹していた。 重問:この一冊ができるようになれば大体はいけるんじゃないかと思うくらいに内容が濃かったので、実践的な問題を解いて分からなかったら戻ってきて読み直すという風に使っていた。大事そうな公式や間違いやすいところを見つけたらメモにして残してテストの直前に見るようにしていた。

社会

資料集:倫理も政治経済も資料集を見て順番にコツコツ覚えていった。覚えたところを友達に教えたり教えられたりしてとにかく倫政について話す事で最低限の知識をつけていった。 センター過去問:自分の怪しいところが一目瞭然で分かるので全部解いて、間違いやすいところを把握して復習していた。ただし共通テストになって問題の傾向が大きく変わっていて大失敗したのでやらなくても良かったとも少し感じている。

面接

直前の1ヶ月で対策した。とにかく聞かれたことについてマトモに答えられれば良いと思い、正直に全てを言うつもりで臨んだ。医師の志望動機と大学の志望理由だけは考えていった。

共通テスト

理系の科目は二次試験の勉強をしておけば、どちらも基礎的なことが役に立つのでそれでかなり点数が取れるのではないかと思います。物理に関しては現象を根本的に理解できるようにしていれば共通テストで失敗しないのだと終わってから気付きました。文系の科目は配点の比重が高かったので、特に現代文を落とさないように勉強しました。直前の1ヶ月で勉強しましたが、社会はそんなんでは間に合いませんでした。とりあえず国語は慣れが大事で、落ち着いて引いた目で解けるように心がけていました。英語のリスニングに関しては正直に対策しづらいですが、知ってる単語は聞き取れるので意外に単語帳をやるといいかもしれないなと思いました。リーディングは長いので、最初の大門三つを如何に早く解けるかという練習をしていました。

あなたの大学を目指す受験生へのアドバイスをお願いします。

共テは国語と社会が重いので1ヶ月前からは頭を切り替えてしっかり文系の勉強をしたら良いと思います。多少結果が悪くてもひっくり返せるので、2月にとりあえず英語と数学が一回でも9割近く取れるような勉強ができれば自信を持って本番に臨めると思います。

編集部からのひとこと

以上、2021年度北大医学部現役合格者の走るパンダさんの合格体験記でした。 走るパンダさん、いろいろ教えていただきありがとうございました。

北海道大学の情報をもっと知りたい方はこちらから

医学部受験のプロは、「医学部受験情報をもっとオープンに」という理念に基づき、医学部受験のリアルな情報を発信するメディアです。

医学部受験競争が激化する中、限られた時間で最大の成果を出すためには、正確な情報を把握することが受験必勝の鍵となります。
当サイトでは医学部受験を志す全ての方にとって、最新かつ有益な情報をお届けしていきます。

©2019 —医学部受験のプロ. All Rights Reserved.