慶應義塾大学医学部合格者に合格の秘訣をインタビュー

2019/10/27
慶應義塾大学医学部合格者の合格体験記です。合格するために科目別にどのような勉強をしたのか具体的に教えてくれています。

合格した大学

現在通っている大学を教えてください。

慶應義塾大学

入学年度を教えてください。

2019年度

浪人の有無を教えてください。

1浪

得意科目(複数選択可)

英語;数学;物理

苦手科目(複数選択可)

国語

出身地を教えてください。

福岡

出身の中高、中学受験・高校受験の有無を教えてください。

ラサール高校

将来どんな医者になりたいか教えてください。

勤務医

受験勉強を始めた時期を教えてください。

高3の12月

受験期の一日の勉強時間を教えてください。

平日5時間休日10時間

センター試験の点数(覚えている範囲で、浪人生は現役時も)を教えてください。

840点

高1から合格までで受けた模試、その偏差値、合格判定を教えてください。

東大実戦オープン現浪 理科三類D判定 駿台全国 慶應義塾大学 C判定

現役、浪人時の併願大学(合格の有無も)を教えてください。

現役 理科三類 慶應義塾 不合格 浪人 東京医科歯科大学 慶應義塾大学 慈恵医科大学 順天堂大学 日本医科大学 合格

あなたの大学の入学理由を教えてください。

最高学府だったから

あなたの大学の入試傾向、対策を教えてください。

英語 やりたくない日でも必ず毎日触れる YouTubeでも英語漫画でもいいから必ず頭に英語を鳴らさせておく 数学 センター試験を秒殺するスピード感と基礎力を身につけた後はひたすらに量をこなす 質より量だと思う 物理 名門の森を何度も解いているうちにだいたいはできるようになる 化学 覚えること覚えれば計算問題含め多くが暗記科目なので解けたと思う 何回も同じ計算問題を解けばパターンを覚えるという意味

あなたの大学の実習やカリキュラムや生活などの特徴を教えてください。

MEPといって医師の倫理観を高める授業がある

あなたの大学の面接で聞かれたこと、対策

月並みなことしか書かれません 万が一意味不明なこと聞かれても堂々とわかりません今後貴学で学ばせて頂きたいです とか答えとこう

通っていた塾の名前を教えてください。

現役 なし 浪人 駿台

通っていた各塾の講師について教えてください。

浪人で駿台に通ったが、ほぼお世話になったとは感じなかった 浪人するなら絶対に御茶ノ水三号館の東大理系演習コースにするべき 各科目の演習量がトップクラスの仲間と積める 夏期講習では化学特攻がおススメです

通っていた各塾のカリキュラム、指導方針、授業内容について教えてください。

御茶ノ水三号館では担任制度が敷かれていて、一人一人を担任の先生が進路指導してくれる 些細な精神的悩み(時には恋愛相談するものも)からなんでも受け付けてくれているので、勉強する上での環境は整っていたと思う この実力では厳しい。のような現実をきちんとした言葉で伝えてくれるから僕は好きだった

通っていた各塾の学習環境について(自習室、交通の便、立地など)教えてください。

御茶ノ水駅から徒歩五分程度だった 立地は非常によく、気分転換に散歩に行こうと湯島の方まで出かけたり、人によっては東京大学まで行ってモチベーションを上げていた ご飯屋さんも多く、飽きることはなかった 御茶ノ水は大変おススメです 自習室は部屋によるが大変いい 三号館だけでなく沢山の号館があるので、場所に飽きることはなかろうかと思う

通っていた各塾の良かった点を教えてください。

友達の多さ 僕はここでつるんでいた友達のおかげで合格できたと思っている 例えば市ヶ谷では理科三類合格者がいなかったが今年は同じクラスから6人受かり、僕がつるんでいたグループの男子は全員理科三類合格の点数でそれぞれ受かった 周りのレベルが高いからこそ自分の最低基準が上がるということはあると思うので、高い金を出してでも鉄緑会や駿台お茶の水に通う価値はあると思う

数学

センターは1日にセットやってどれだけ秒殺でき、どれだけ正確かをひたすらやっていた 最初の二次試験が日本医科大で、二次対策をなにもしないで臨んでしまったのだが、非常に難しいと言われていたなか、悠々ととけた センター対策を極めればなんとかなるのだなと思った

英語

本当に勉強という勉強はしなかった 詳しくいうと文章を読んでその問題を解くということは全くしなかったため、出題形式を事前に知っていた大学はなかった しかし、毎日外国人YouTuberをみたり英語漫画を読んで楽しんでいたので、英語力は落ちなかったのかもしれない ただ、現役時代は毎日東大リスニング1時間以上やったり鬼のようにやっていたのでそこが基盤であろうかと思う 各大学ほぼ完璧で切り抜けられたと思う

物理

名門の森を覚えるほどやった あとは東京大学の過去問を何度もやった センター試験については毎日一回といて満点を目指した 原子物理や交流は最後の最後までのこしてしまったがあ、何日かかけて完璧にした

化学

ひたすら問題を解くしかなかろうかと思う センター試験に関しては毎日1回といて満点を目指した 引っ掛けの問いが必ず一個はあるので、見直しを何回もしないと満点は取れない そして化学はなぜか解き忘れが発生するので気をつけた 二次は量とこう

生物

なし

地学

なし

国語

なし

社会

地理選択であったが地理オリンピックで日本大会に出るまでやり込んで現役時は100てんだった 社会はおそらくひたすら覚えるだけであろうからまず覚えて書店に出ているセンター地理を全て買って全てとけばいい みたことある問題しか本番で出てこなくなる

面接

親と電話をして何を答えるか少し考えた 基本自然体であれば受かると思っていたので特別なことは何も考えていなかった 慶應義塾大学の面接では本当に合格したいという旨をめちゃくちゃ強調した結果試験官は爆笑していいよいいよなどと言っていた

小論文

何もしなかった ただ論理力を問われているだけだろうと思ったから、主語と述語の対応、理論が一貫しているかということに留意した 文章が得意な人は冗長冗漫になりやすいかと思うが、綺麗な文章というより頭のいい文章を書くということを優先事項にしよう

センター試験

一二か月前からセンターのことしかしなかった センター試験のパックはだいたい買い占めてひたすら解いた 地方国立大学の医学部ではセンターでもう決まってしまうところもあるので命をかけるつもりで勉強しよう 不安は尽きないが、勉強したらあとはマークミスや名前の描き忘れに注意しよう

あなたの大学を目指す受験生へのアドバイスをお願いします。

国立の対策を積めば大丈夫

編集部からのひとこと

以上、慶應義塾大学医学部合格者へのインタビューでした。 具体的にどのような勉強をしたのか細かくお答えいただいているので、受験生の方は参考にしてください!

慶應義塾大学の情報をもっと知りたい方はこちらから